Airbnbホスト向けヒント | what3wordsを使ってゲストの体験をより良いものにしましょう | what3words
09/03/2020

日本のAirbnbホストは、what3wordsを使ってゲストが宿泊先まで簡単に到着できるようお手伝いし、ゲストの体験をより良いものにしています。

what3wordsは世界中の3メートル四方にそれぞれ固有の3ワードアドレスを割り当てているので、正確な位置情報を簡単に伝え合うことができます。

日本でAirbnbの宿泊先を見つける3つの単語

what3wordsを使えば、どんな宿泊先や体験の場所も簡単に見つけることができます。

what3wordsは正確な位置を見つける簡単な方法。すべての3メートル四方にはそれぞれ固有の3つの単語の組合せからなる「3ワードアドレス」が割り当てられています。現在40以上の言語に対応しているので、世界中の人々が3つの単語だけを使って正確な目的地を検索、シェア、ルート検索できます。富士山の麓に佇む山小屋から都心のビル群にあるアパートまで、ゲストは3つの単語を使うだけで、宿泊先の入り口までたどり着くことができるのです。

世界中のホストがwhat3wordsを使ってゲストの体験をより良いものにしています

人里離れた場所にある民家、ツリーハウスやボートなど、Airbnbの宿泊先や体験には住所がなかったり、見つけにくいものがたくさんあります。たとえ住所があっても分かりにくい場所にある宿泊先も。例えば東京のほとんどの通りには名前がないので、街をよく知らない人にとって、住所を使って正しい場所を見つけるのは容易ではありません。

また、特に日本語が話せない人にとって、カーナビや地図アプリへの住所入力は時間がかかりますし、入力ミスをしてしまいがちです。住所を間違いなく入力できたとしても、ルート検索が建物の中心部を目的地として表示してしまっていることもあります。入り口がなかなか見つからず、長旅で疲れているゲストが重い荷物を持って建物の周りを探し回らなくてはならない状況は、旅行者にとって大きなストレスとなります。

ゲストの体験をより良いものにするために、多くのAirbnbホストが3ワードアドレスを宿泊先所在地の詳細情報に追加し、出発前にwhat3words無料アプリをダウンロードするようゲストに勧めています。

使用方法

Airbnbホスト:

無料アプリを使ってリスティングの3ワードアドレスを検索し、所在地情報に追加します。手順はこちらをご覧ください。

Airbnbゲスト:

お部屋への道順に書かれている3ワードアドレスを確認しましょう。もしアドレスが記載されていない場合は、出発前にホストに確認してください。

宿泊先入り口まで迷わずたどり着くために、出発前にwhat3wordsアプリをダウンロードしましょう。あとは3つの単語をアプリに入力し「道順を表示する」をタップすれば、ご希望のルート検索アプリで宿泊先の入り口までの道順を検索できます。

what3wordsでタクシー利用をより快適に

タクシー配車アプリS.RIDEでwhat3wordsを使えば、大きな施設の特定の入り口や、街角、駐車場の入り口など、東京のどんな目的地でも簡単、正確に運転手に伝えることができます。
S.RIDEに日本語または英語で目的地の3ワードアドレスを入力するだけで、目的地にピンポイントで到着できます。

open chat